Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

相続税対策!生命保険と相続放棄の関係把握してますか?

生命保険と相続放棄の関係!

相続FP司法書士の安津畑です。相続税関連のお話をします。

改正後の相続税基準で説明します。

改正前は「※注・・・」として説明します。

Sponsored Link




 

「親が借金を残して亡くなった場合、相続放棄をして、父を被保険者、子供を保険受取人とした死亡保険金を受け取ることはできないか?」

被相続人が借入金などで債務超過の状態である場合、相続人は相続放棄か限定承認をすれば、債務を相続しなくて済みます。

 

一方で、生命保険金(受取人が被相続人以外)は、民法上の相続財産に入らないので、相続人が保険金を受け取っても固有の財産として、生命保険金で支払う必要はないです。

 

しかし、生命保険金を受け取り、自己の財産になった場合は、そこから被相続人の借金を支払わなければなりません。

借金を相続しているからです。 よって、借金を相続放棄する方法で考えていくわけですが、今度は税法上の問題があります。

 

生命保険の相続税法の扱い 死亡保険金(受取人が被相続人以外)は、特別受益など特段の理由がない限り、民法上は相続財産にあたりませんが、相続税法上はみなし相続財産として課税されます。

 

生命保険金の非課税枠は適用できないが、、

ただし、死亡保険金には一定の非課税枠があります。

500万円??法定相続人の数

 

この非課税枠を使うには、相続人が相続財産を取得することが必要です。

 

ここで、相続放棄をした方は、相続人ではないので、非課税枠の適用がありません。

しかし、基礎控除額である3000万円+法定相続人の数×600万円には相続放棄した者も含めることができます。

注:平成26年12月31日までは基礎控除額は5000万円+1000万円×法定相続人の数になります。

相続税基礎控除額についてはこちらでも説明してます。

 

相続放棄をしたもの具体例

例えば、母はすでに亡くなっており、その後、父が死亡し、子供2人が相続人で借金7000万円を相続放棄し、4000万円ずつ保険金を受け取った場合

 

Sponsored Link




souzokukannkeiza2

①生命保険みなし相続財産⇒ 4000万円??2=8000万円

②被相続人の債務⇒8000万円-7000万円=1000万円

②基礎控除額⇒ 3000万円+600万円??2=4200万円

③課税財産⇒1000万円-4200万円=なし

※②の基礎控除額は相続放棄をしていても法定相続人の算定上人数に含めることができます。

 

ここが基礎控除額と生命保険の非課税枠を考えるポイントです。

 

上記の例では相続放棄をしても問題ないことがわかります。なお、死亡保険金と同様に、死亡退職金についても受取人固有の財産として同様に処理でき、生命保険金と同種の非課税枠があります。

あわせて生命保険金と相続について読み合わせ下さい↓

相続の生命保険金について知っておかなければいけない種類!!FP司法書士が解説!

生命保険金って相続財産になるの??

 

FP司法書士安津畑卓参照HP

相続生命保険の解約も代行!相続司法書士みなづき法務事務所

会社設立代行ネットテラス

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ご相続のお電話でのお問合せ

ご相続のお電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :03-6780-6347

(平日10:00~19:00)

相続相談は、相続専門司法書士行政書士が対応。遺産相続・遺言・事業承継・成年後見・登記・裁判事務(相続人の中に行方不明・認知症の方がいる場合)については、初回無料で承っています。

上記時間外でも、司法書士・行政書士またはスタッフが事務所にいればお電話受付ますのでご遠慮なくお電話ください。また、平日以外については下記メールにて簡単にで構いませんのでお問合せ頂ければ担当者からお電話致します。

ご相続のメールフォームからのお問合せはこちら

お問合せ方法



お問合わせ方法

  • ご相続のお問合せ・ご相談のご予約のお申込み

    お電話・メールフォーム・メールにて当事務所にて初回無料相談のご予約又は埼玉県や23区近隣限定で無料出張相談ご予約のお申し込みをしてください。ご予約については後日のご相談をスムーズに進めるためスタッフからお電話に替わった司法書士・行政書士が直接対応いたします。事前に事案内容把握に必要な書類をご提示します。

  • ご相続に関するご来所による初回無料相談/初回無料出張相続相談

    板橋区東武東上線成増駅から徒歩3分、東京メトロ有楽町線・副都心線地下鉄成増駅から徒歩5分の当事務所(アクセスはこちら)にて、司法書士・行政書士がご相談に対応します。お持ちして頂いた書類をもとに正確な法律相談・お見積りをいたします。難しい法律用語を噛み砕いた言葉で丁寧に説明します。

  • 費用の事前お見積りお見積り書を発行いたします。

    報酬規程表をもとにかかる全体の費用(概算額)を計算いたします。分かりやすくお伝えいたします。

  • 業務依頼のご契約

    算定した費用やご依頼内容解決にご納得頂いた後にご契約して頂きます。また、依頼するかはその場で決めなくても構いませんので、ご自宅に帰ってじっくり考えることもできます。
    当司法書士事務所では、一度ご相談いただいたからといって、ご依頼を急かすようなことは絶対にありません。 また、その後、ご連絡のご希望がある等特別な事情がある場合を除いて、司法書士からご依頼前に連絡を差し上げることもありません。安心してお気軽にご相談ください。

  • ご依頼を頂いた業務スタート

    お手続きの進捗状況を逐一ご報告させて頂きます。何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

  • 原則業務作業完了後に費用のお支払

    原則として業務作業完了後にお支払して頂いております。ただし、裁判事案や業務の性質上事前に支払って頂く費用もございます。このような点についても、ご相談時にしっかりとお話しして報酬規定表をもとにお見積りいたしております。

このページの先頭へ