• 相続相談無料です。残された遺族の事を大切に考えるお問い合わせはこちらから。
  • 当事務所のサービス向上のため遺産相続のお客様の声を頂戴しております。
  • みなづきの相続専門家は、遺産相続に関する多数のセミナーを開催しています。

亡くなった方に借金がある場合(相続放棄)

家庭裁判所に相続放棄の申立 ⇒お亡くなりになった方に借金等債務が多い場合  相続放棄申立 まずは、相続放棄とは何なのかを解説します。 よく相続の手続きの際に相続放棄をしてもらったとおっしゃる方が多いです。しかし、ここでいう相続放棄は、民法でいう相続放棄ではありません。

「遺産分割協議の際に、相続分はいらないから、実印を押しますよ。」 これを一般に言う「相続放棄」と呼んでいるものです。そのまま言葉を解釈すれば、意味合いが通るのでお使いになるようです。

相続放棄の効果

わたしは、プラスの財産もマイナスの財産も全部相続しません。よって、初めから相続人でなくなります。 これを民法でいう「相続放棄」といいます。相続が発生したことを知ってから3カ月以内に家庭裁判所に申し立てるものなのです。

例えば、故人に3000万円の借金のみであった場合、通常の遺産分割協議で、すべての相続人が一般に言う相続放棄をしても、すべてのものに借金が降りかかります。 そこで、「民法でいう相続放棄」をすれば、相続人ではなくなるので、財産を引き継ぐ必要がないです。

自動的にその民法上の相続放棄をしたものを除いたものたちで相続をすることになります。 なぜならば、相続人であることには変わりがないので、財産を引き継ぐからです。 よって、借金を引き継ぎたくないのであれば相続人全員同時に「民法でいう相続放棄」をすればよいのです。  

相続放棄の期限

相続放棄申立期限は、原則として相続が発生したことを知った時から3か月以内にしなければなりません。 何らかの理由で死亡したことを知らなければ、死亡を知った日から3カ月が期限です。

財産調査の時点で、借金がいくらあるかまだわからない、プラス財産とマイナス財産のどちらが多いかわからないので相続放棄しようか、否か迷っている、 3カ月以内ということを知らず3カ月の期限が過ぎてしまった。

上記のような場合、状況、資料、お手続きによっては期限を伸長してもらうこともできる可能性がございます。

相続放棄の注意点①故人の財産の処分はしないでください。

故人名義の財産(株式や不動産等)を売却してしまうと、相続放棄はできなくなります。 処分して利益を得ておきながら、借金は知りませんというわけにはいかないのです。 預金についても引き出すことはしないでください。

しかし、預金を引き出した理由が葬儀費用に充てる場合は手続きをおこなえるケースがあります。対処できなくなる場合もありますので、早急にご相談してください。

相続放棄の注意点②相続放棄した後の事を考える

たとえば、ご主人様が亡くなり、残されたのは奥様、ご長男、ご長女様の場合、この相続人全員が相続放棄をした場合、借金は、ご主人様のお父様、お母様にいってしまいます。 しかし、通常はご高齢で亡くなっているケースが多数ですので、ご主人のお父様、お母様も亡くなっています。 そうなるとその借金はご主人のご兄弟に引き継がれてしまいます。 知らず知らずのうちに借金が親族にわたって迷惑をかけることになります。

つまり、相続放棄については、それぞれ相続関係がある方々全員とお話をして進める必要がございます。

相続放棄の注意点③マイナス財産だけを放棄することは不可

相続放棄というのは「初めから相続人ではなくなること」です。 したがって、相続財産のうち借金だけはいりませんということはできません。 相続放棄をするならプラス財産も受け取れなくなります。 不動産や株式の売却額を想定して、相続をするか否かを判断することになります。

そこで注意して頂きたいのが、不動産を売却する際は、費用がかかるという点です。 仲介手数料はもとより、不動産譲渡所得税、測量費用、相続登記費用等の費用を差し引いて、それでも借金より高い額を得られるのであれば相続すべきです。

高度なテクニックにより、ご依頼者の方にメリットが出るように方策を練ることができます事前に相続が起きる前の対応も致しますので、お手続きが面倒にならないうちにご相談を迅速にされてください。

サブコンテンツ

相続放棄のお電話

相続放棄のお電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :03-6780-6347

(電話受付時間:10:00~19:00 )上記時間外でも、司法書士・行政書士またはスタッフが事務所にいればお電話受付ますのでご遠慮なくお電話ください。また、平日以外については下記メールにて簡単にで構いませんのでお問合せ頂ければ担当者からお電話致します。

相続放棄のメールフォームからのお問合せはこちら

お問合せ方法

相続放棄のお問合わせ方法

  • 相続放棄のお問合せ・ご相談のご予約のお申込み

    お電話・メールフォーム・メールにて当事務所にて初回無料相談のご予約又は板橋区、練馬区、豊島区近隣限定で無料出張相談ご予約のお申し込みをしてください。ご予約については後日のご相談をスムーズに進めるためスタッフからお電話に替わった司法書士・行政書士が直接対応いたします。事前に事案内容把握に必要な書類をご提示します。

  • ご来所による初回無料相談/板橋、練馬近隣に初回無料出張相談

    板橋区東武東上線成増駅から徒歩3分、東京メトロ有楽町線・副都心線地下鉄成増駅から徒歩5分の当事務所(アクセスはこちら)にて、司法書士・行政書士がご相談に対応します。お持ちして頂いた書類をもとに正確な法律相談・お見積りをいたします。難しい法律用語を噛み砕いた言葉で丁寧に説明します。

  • 費用の事前お見積りお見積り書を発行いたします。

    報酬規程表をもとにかかる全体の費用(概算額)を計算いたします。分かりやすくお伝えいたします。

  • 業務依頼のご契約

    算定した費用やご依頼内容解決にご納得頂いた後にご契約して頂きます。また、依頼するかはその場で決めなくても構いませんので、ご自宅に帰ってじっくり考えることもできます。 当司法書士事務所では、一度ご相談いただいたからといって、ご依頼を急かすようなことは絶対にありません。 また、その後、ご連絡のご希望がある等特別な事情がある場合を除いて、司法書士からご依頼前に連絡を差し上げることもありません。安心してお気軽にご相談ください。

  • ご依頼を頂いた業務スタート

    お手続きの進捗状況を逐一ご報告させて頂きます。何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

  • 原則業務作業完了後に費用のお支払

    原則として業務作業完了後にお支払して頂いております。ただし、裁判事案や業務の性質上事前に支払って頂く費用もございます。このような点についても、ご相談時にしっかりとお話しして報酬規定表をもとにお見積りいたしております。

このページの先頭へ