Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

遺言書とエンディングノートの本当の違いを知っていますか?!FP司法書士が解説!

今回は遺言関係のご相談も非常に多いのでエンディングノートとの違いを書いていきます。

エンディングノートとは?

Sponsored Link



 

エンディングノートとは?

相続後の事務手続き(自分自身についての歴史や親族の連絡先、財産の所在場所、葬儀形態の希望、親族へのメッセージ等)を書いたメッセージです。法的な効力はないですが、自分の意志を伝えることができなくなった時に「思いを伝える」ことができる役割を果たしてくれるノートです。

 

遺言書との違いって何?

遺言書とは?

遺言書とは、故人の最後の意思表示です。エンディングノートの違いは、単なるメッセージではないという点です。

つまりは、財産権(不動産、現金預貯金、債務)の行く先を最後に決めるといった法律上効力ある大変重要なものということです。自分に万が一のことがあった時に、自分の財産をどうするのかの意思を書き遺しておくものです。法的な根拠があり、死後に効力を発揮します。

エンディングノート比較

一方、エンディングノートいくら詳細に、財産をこのように分けて欲しいと書いたところで、法律的に効力はありません。

では、エンディングノートを書く意味はあるのか?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、それぞれの特徴の違いを把握して2つ作成しておくのがポイントなのです。下記に両者の主な違いを比較してみました。

※主な遺言書とエンディングノートの違い

項目 遺言書(自筆証書、公正証書) エンディングノート
法的効力 あり(死後に効力発生) なし
書き方が決まっているか? 方式に従わないと無効 自由
書く内容は決まっているか? 法律上で決まっているものしか書いても法的効力なしだが、書くのは自由! 自由
死後に手続きに使えるか? 使える 使えない
メッセージなどエンディングノートに書くような内容は書けるか? 実は書いても問題ない 事由

 

エンディングノートは、法的な効力がない反面、形式や書き方にとらわれることなく、自分の希望や考えを自由に書くことができることが特徴です。自分の友人関係や相続後の遺族へのメッセージ、遺品の場所、葬儀の規模など詳細な事項を決めておくメッセージです。

実は遺言書でメッセージを書くことも可能!

遺言書でも付言事項として、メッセージや思いをを伝えることも可能です。よってエンディングノートは必ずしも必要なものではないのです。それよりも重要なのは遺言書を正しく作成し、相続人に迷惑をかけないことです。最終的に相続人が手続きをするのですから、生前中から手書きで書いた遺言書はどうなってしまうのか?など将来を予測した内容にしておく必要があります。

Sponsored Link



 

手書きの遺言書のデメリット

一例をあげますと、手書きの遺言書は相続後、家庭裁判所に申立てる検認と呼ばれる手続きがあります。この手続きをするのには時間や費用がかかり本来の遺言書のメリットが失われます。また、認知症の方は通常遺言書を作成することは困難になってきます。当事務所では認知度のレベルの調査も行っています。

?手書きの遺言書のメリットデメリットの詳細

詳しくはこちらでも遺言書のメリットデメリットをお伝えしていますのでご参照ください。

 

FP司法書士安津畑の事務所HP

生命保険金もおまかせ!相続無料相談室

会社設立電子定款認証・登記代行ネットテラス

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ご相続のお電話でのお問合せ

ご相続のお電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :03-6780-6347

(平日10:00~19:00)

相続相談は、相続専門司法書士行政書士が対応。遺産相続・遺言・事業承継・成年後見・登記・裁判事務(相続人の中に行方不明・認知症の方がいる場合)については、初回無料で承っています。

上記時間外でも、司法書士・行政書士またはスタッフが事務所にいればお電話受付ますのでご遠慮なくお電話ください。また、平日以外については下記メールにて簡単にで構いませんのでお問合せ頂ければ担当者からお電話致します。

ご相続のメールフォームからのお問合せはこちら

お問合せ方法



お問合わせ方法

  • ご相続のお問合せ・ご相談のご予約のお申込み

    お電話・メールフォーム・メールにて当事務所にて初回無料相談のご予約又は埼玉県や23区近隣限定で無料出張相談ご予約のお申し込みをしてください。ご予約については後日のご相談をスムーズに進めるためスタッフからお電話に替わった司法書士・行政書士が直接対応いたします。事前に事案内容把握に必要な書類をご提示します。

  • ご相続に関するご来所による初回無料相談/初回無料出張相続相談

    板橋区東武東上線成増駅から徒歩3分、東京メトロ有楽町線・副都心線地下鉄成増駅から徒歩5分の当事務所(アクセスはこちら)にて、司法書士・行政書士がご相談に対応します。お持ちして頂いた書類をもとに正確な法律相談・お見積りをいたします。難しい法律用語を噛み砕いた言葉で丁寧に説明します。

  • 費用の事前お見積りお見積り書を発行いたします。

    報酬規程表をもとにかかる全体の費用(概算額)を計算いたします。分かりやすくお伝えいたします。

  • 業務依頼のご契約

    算定した費用やご依頼内容解決にご納得頂いた後にご契約して頂きます。また、依頼するかはその場で決めなくても構いませんので、ご自宅に帰ってじっくり考えることもできます。
    当司法書士事務所では、一度ご相談いただいたからといって、ご依頼を急かすようなことは絶対にありません。 また、その後、ご連絡のご希望がある等特別な事情がある場合を除いて、司法書士からご依頼前に連絡を差し上げることもありません。安心してお気軽にご相談ください。

  • ご依頼を頂いた業務スタート

    お手続きの進捗状況を逐一ご報告させて頂きます。何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

  • 原則業務作業完了後に費用のお支払

    原則として業務作業完了後にお支払して頂いております。ただし、裁判事案や業務の性質上事前に支払って頂く費用もございます。このような点についても、ご相談時にしっかりとお話しして報酬規定表をもとにお見積りいたしております。

このページの先頭へ