Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゆうちょ銀行等の相続で口座凍結された際のテクニック!司法書士解説!

ここでは、ゆうちょ銀行その他銀行口座が凍結された際の対応方法テクニックを、FP司法書士・行政書士がご説明します。





ゆうちょ銀行の相続で口座凍結された場合のテクニックについて

ゆうちょ銀行相続

亡くなった方名義の預金口座から葬儀代金を出したい場合や、公共料金が引き落としされている場合など、そのお亡くなりになったかたの口座から預金財産を引きおろししたい場合があります。

しかし、お亡くなりになった時点で銀行口座は遺産相続財産です。そこでこの銀行口座凍結、法律問題が生じてきます。気を付けてほしいポイントを下記に説明しています。

お亡くなりになった方のゆうちょ銀行預金口座はいつ凍結されるか?

銀行が亡くなった事を知るタイミングとして、下記のような状況が挙げられます。

  • 相続人の方が銀行へ連絡する。
  • 葬儀の案内看板による通知、新聞のお悔やみ欄から知る。
  • 遺産相続の関係者による連絡がある。
  • 近隣の方からの口伝から知る。

なぜ口座凍結するのか?

銀行側は相続の争いに巻き込まれたくないからです。銀行口座を凍結することによって、相続人のうち一人からお亡くなりになった方名義の預金財産引きおろしを防ぐためにおこないます。

口座凍結されるとどうなるのか?

お亡くなりになった方銀行口座から入金、送金、引き出し、自動引き落としされてる公共料金も引き落とせなくなります。

口座凍結前にATMでおろしてもよいか?

銀行で相続が発生した後の凍結前に、普通預金についてキャッシュカードで引き下ろしてしまう場合があります。 ATMなどで1日50万円までなら引き下ろすことができます。
このように引き出されたものについては、後日預金照会手続きによってわかってしまうので、相続人で争いがなく、相続人全員の同意のもとで債務の支払いに充てる場合にはおろしても差し支えないと考えます(保存行為)

ただし、相続放棄する場合には、このように相続財産を処分、支払いにあててしまうと相続放棄ができなくなりますので絶対にしないでください。

Sponsored Link



しかし、これは相続人が複数いる場合、相続人の一人が勝手に遺産相続財産を引き下ろしているのと変わりはありません。 また、定期預金がある場合は必ず銀行の相続手続きをしなければいけないのでどちらにせよ早めに書類をそろえて手続きを遂行した方が良いのです。

公共料金の引き落とし変更手続きを済ませておく

亡くなった方の銀行口座を、公共料金などの引き落とし口座にしていた場合には注意が必要です。 電気、ガス、水道、クレジットカード料金が引き落とせないことにより、電気ガス等の支払いが滞ったり、損害金が発生する可能性があります。

できる限り早い段階で、各サービスの取引口座を把握し、変更の手続きを済ませておきましょう。

葬儀代であれば銀行口座凍結後に引き出せることもあります。

銀行口座を凍結されて一番困るのが、葬儀代金を死亡者名義の預貯金がおろせなくなることです。

しかし、葬儀代金については、凍結後であっても、葬儀社から提示された葬儀見積書などを銀行へ提出することで、一部代金の引き出しが認められる場合もあります。

凍結はいつまで続くのか?

凍結された預貯金を引き出す時には、相続手続きの依頼書、解約申込書、亡くなったかたの死亡から出生まで遡った戸籍、改正原戸籍、除籍謄本、相続人全員の印鑑証明、遺産分割協議書(遺言があれば公正証書遺言ならそのまま添付可能、手書きの遺言書なら家庭裁判所で検認手続きをしてから添付)を添えてその金融機関で銀行口座預金の解約、名義変更手続きします。

通常、手続き期間は戸籍を集める時間、遺産分割協議をする時間、解約手続きをしてからの審査期間で3ヶ月はかかることになります。

Sponsored Link



ゆうちょ銀行の相続についてのお悩み事

ゆうちょ銀行が凍結されて相続財産が引き出せない…..。

相続人が多くてどこまでが相続人かわからない…..。

ゆうちょ銀行の相続の専門家の費用・報酬がいくらかわからないので相談にも行けない…..。

相続人になっているのだが、相続財産が不明でゆうちょ銀行に口座残高をいくらか把握したい…..。

ゆうちょ銀行等の遺産相続分の配分を巡って争いが起きそうな気がする…..。

兄弟姉妹が相続人なので、役所で兄弟姉妹の戸籍をとろうしても拒否された…..。

ゆうちょ銀行の預金等相続財産を管理している親族が、相続財産をみせない…..。

ゆうちょ銀行の相続手続きを相続税を考慮した遺産分割協議の上、分割したい…..。

ゆうちょ銀行の相続に使う戸籍を収集していたら、遠方の役所で請求しなければいけなくなった…..。

ゆうちょ銀行の相続人の一人が行方不明、相続人の一人が認知症で手続きができない…..。

上記のようにゆうちょ銀行の相続手続きでお困りの方は、迅速に解決できる当相続手続きセンターがゆうちょ銀行相続手続きの手続きをいたします。

当事務所では株式の相続手続きも迅速な遺産相続承継を可能としております。

相続おまかせプランはこちらです。

ゆうちょ銀行の相続で厄介な手続きを解決

司法書士みなづきが迅速にお手続き解決ができます。初回無料相談・無料出張相談をご利用ください。複雑な案件を解決してきた司法書士みなづき法務事務所はゆうちょ銀行の相続手続きはじめ他の相続手続きを原則すべて代行・解決できる相続手続き機関です。当事務所相続手続き無料相談室はこちらです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ご相続のお電話でのお問合せ

ご相続のお電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :03-6780-6347

(平日10:00~19:00)

相続相談は、相続専門司法書士行政書士が対応。遺産相続・遺言・事業承継・成年後見・登記・裁判事務(相続人の中に行方不明・認知症の方がいる場合)については、初回無料で承っています。

上記時間外でも、司法書士・行政書士またはスタッフが事務所にいればお電話受付ますのでご遠慮なくお電話ください。また、平日以外については下記メールにて簡単にで構いませんのでお問合せ頂ければ担当者からお電話致します。

ご相続のメールフォームからのお問合せはこちら

お問合せ方法



お問合わせ方法

  • ご相続のお問合せ・ご相談のご予約のお申込み

    お電話・メールフォーム・メールにて当事務所にて初回無料相談のご予約又は埼玉県や23区近隣限定で無料出張相談ご予約のお申し込みをしてください。ご予約については後日のご相談をスムーズに進めるためスタッフからお電話に替わった司法書士・行政書士が直接対応いたします。事前に事案内容把握に必要な書類をご提示します。

  • ご相続に関するご来所による初回無料相談/初回無料出張相続相談

    板橋区東武東上線成増駅から徒歩3分、東京メトロ有楽町線・副都心線地下鉄成増駅から徒歩5分の当事務所(アクセスはこちら)にて、司法書士・行政書士がご相談に対応します。お持ちして頂いた書類をもとに正確な法律相談・お見積りをいたします。難しい法律用語を噛み砕いた言葉で丁寧に説明します。

  • 費用の事前お見積りお見積り書を発行いたします。

    報酬規程表をもとにかかる全体の費用(概算額)を計算いたします。分かりやすくお伝えいたします。

  • 業務依頼のご契約

    算定した費用やご依頼内容解決にご納得頂いた後にご契約して頂きます。また、依頼するかはその場で決めなくても構いませんので、ご自宅に帰ってじっくり考えることもできます。
    当司法書士事務所では、一度ご相談いただいたからといって、ご依頼を急かすようなことは絶対にありません。 また、その後、ご連絡のご希望がある等特別な事情がある場合を除いて、司法書士からご依頼前に連絡を差し上げることもありません。安心してお気軽にご相談ください。

  • ご依頼を頂いた業務スタート

    お手続きの進捗状況を逐一ご報告させて頂きます。何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

  • 原則業務作業完了後に費用のお支払

    原則として業務作業完了後にお支払して頂いております。ただし、裁判事案や業務の性質上事前に支払って頂く費用もございます。このような点についても、ご相談時にしっかりとお話しして報酬規定表をもとにお見積りいたしております。

このページの先頭へ