知らなきゃいけない!案内図と著作権についてグーグルマップやヤフー地図。司法書士が説明!

ここ最近急に寒くなってきましたね。。司法書士の安津畑です。

 

最近は債権者保護手続きが必要な資本金の減少手続きや会社解散の手続きのご依頼があります。

 

このブログは相続・遺言等個人向けに作成しているので、会社法務のブログを別に作る必要性を感じております。。。

 

話は変わりますが、昨日、相続のご相談依頼があった方から事務所の所在地についてご説明があったのと、ちょうどパンフレットも作成中でしたので事務所の所在地の案内図をエクセルで簡単に作成してみました。

 

気分転換も兼ねて夜中に作成。2時間くらいで完成です。

 

これ↓

 

板橋区の司法書士みなづき法務事務所の案内図です。

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

 

 

 

 

ド素人が作った荒っぽさはお許しください。。

使ったのはフリーで落とせるXLマップ(XLマップ2010)です。エクセルが入っていれば使用できます!便利ですのでサクサク使っています(^.^)

事務所のHPにもアクセス方法が写真入りで細かく載っていますので参照ください。

 

なぜわざわざ地図を作成するのか?WEB地図について

WEB地図というものがあります。GooglemapsやYahoo地図などのことです。主にこの二つがよく使われるのではないでしょうか。

まず、グーグル地図は日本でよく使われているWEB地図です。

 

 

旅行に出かけるときでもスマホでGooglemapsを見ることも多いでしょう。スマホでグーグルマップを無料でダウンロードできるアプリも出てます。

 

 

また、ナビ機能がすごい!恥ずかしながら私の車のカーナビが古いもので、、取付台を設置しスマホをカーナビ替わりに使っています。出かけるときは欠かせない一品です!

 

 

話がそれましたが、このような便利な地図を不特定多数がみる広告やパンフレット、WEBで公開することに著作権上の問題はないのか?

 

著作権とは、知的財産権の一つです。

 

著作権法の著作権の定義は

「思想または感情を創作的に表現したものの内、文学・学術・美術・音楽の範囲に属する著作物に対して発生する知的財産権」と定義されています。著作物を製作した者を著作者と言い、著作権を行使する権利が与えられます(著作権法第2条)。

 

 

レイアウトは「創作的に表現」したものではなく、「アイディア、手法」と解釈されます。手法ですので、地図レイアウトを真似しても著作権侵害になることにはなりません。

 

では、WEB地図をパンフレットやWEBの広告に使うことは問題ないのか??

 

Google Mapsを利用して企業案内の地図を作成する場合

 

地形そのものは著作権はありません。しかし、記号や文字を使って表現した地図は図形のGoogle Mapsは、コンテンツを提供しているGoogleと、地図画像を提供しているZENRINとは、別々の著作権があるようです。

 

ただしGoogleはGoogle Mapsの使用許諾が記載されていて、具体的な使用例も記載されています。

こちら→http://www.google.co.jp/permissions/geoguidelines.html

 

そのため、地図画像単独の使用許諾をGoogleが行うことは出来ません。

必ずGoogleのコンテンツが、地図画像や空中写真に表示されている必要があります。

(例えば、Googleマップのピンマークなど)

また、すべての場合において、権利帰属表示を行う必要があります。

 

広告、パンフレットで使う場合は?

ただし、イラストマップなどにすれば、美術的性格の著作物になり、著作物として保護されることになります。今回の私の作成した地図も私の著作物として保護されています。

※この地図は当方が地形を理解しているのでグーグルの地図をそのままつかわずオリジナルで書いている場所が複数あります。。大まかに伝わればいいので。。。

 

WEBページで使う場合は?

 

上記のように権利帰属表示である、Google Mapsをページにコードを貼って表示するだけなら権利帰属表示がされているので商用利用でも何ら問題はありません。

 

つまり、ブログやWEBサイトにGoogle Mapsを表示したい場合、地図を動かせる状態で貼り付けなければなりません。実際はグーグルで発行されたコードを貼りつけます。こんな感じ↓

 

googleのmapを、必要な場所を表示させ、それをキャプチャし静止画として、色や文字等細かい情報を書き込み、自分のサイトに掲載することは、著作権侵害です。

 

 

Sponsored Link



Yahoo地図の場合は?

Yahoo地図もグーグルに並ぶ便利なWEB地図です。Yahoo地図もGoogleと同じで、WEB上での利用のみ許可しています(コードを貼りつけ動くようにする)。広告や印刷物、ユーチューブなどの動画、テレビ番組などでの利用は、全て許可されていません。

 

著作権を侵害された場合は?

著作権侵害は親告罪という被害者自身が被害を訴え出ないと成立しない罪ですので著作権者から訴え出ないといけません。

 

また、著作権者は侵害者に対して侵害の差し止めと損害賠償の請求を行うことができます。もしも侵害者が故意に著作権を侵害していた場合は刑事罰が課せられます。

 

グーグルやヤフーが中小規模事業者目くじら立てて損害賠償してくるかは別にして。

 

とまー色々自分で起業して色々やっていくには、勉強が必要ですね<m(__)m>
会社設立し起業しようとお考えの方は会社設立ネットテラスをご参照ください。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ご相続のお電話でのお問合せ

ご相続のお電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :03-6780-6347

(平日10:00~19:00)

相続相談は、相続専門司法書士行政書士が対応。遺産相続・遺言・事業承継・成年後見・登記・裁判事務(相続人の中に行方不明・認知症の方がいる場合)については、初回無料で承っています。

上記時間外でも、司法書士・行政書士またはスタッフが事務所にいればお電話受付ますのでご遠慮なくお電話ください。また、平日以外については下記メールにて簡単にで構いませんのでお問合せ頂ければ担当者からお電話致します。

ご相続のメールフォームからのお問合せはこちら

お問合せ方法



お問合わせ方法

  • ご相続のお問合せ・ご相談のご予約のお申込み

    お電話・メールフォーム・メールにて当事務所にて初回無料相談のご予約又は埼玉県や23区近隣限定で無料出張相談ご予約のお申し込みをしてください。ご予約については後日のご相談をスムーズに進めるためスタッフからお電話に替わった司法書士・行政書士が直接対応いたします。事前に事案内容把握に必要な書類をご提示します。

  • ご相続に関するご来所による初回無料相談/初回無料出張相続相談

    板橋区東武東上線成増駅から徒歩3分、東京メトロ有楽町線・副都心線地下鉄成増駅から徒歩5分の当事務所(アクセスはこちら)にて、司法書士・行政書士がご相談に対応します。お持ちして頂いた書類をもとに正確な法律相談・お見積りをいたします。難しい法律用語を噛み砕いた言葉で丁寧に説明します。

  • 費用の事前お見積りお見積り書を発行いたします。

    報酬規程表をもとにかかる全体の費用(概算額)を計算いたします。分かりやすくお伝えいたします。

  • 業務依頼のご契約

    算定した費用やご依頼内容解決にご納得頂いた後にご契約して頂きます。また、依頼するかはその場で決めなくても構いませんので、ご自宅に帰ってじっくり考えることもできます。
    当司法書士事務所では、一度ご相談いただいたからといって、ご依頼を急かすようなことは絶対にありません。 また、その後、ご連絡のご希望がある等特別な事情がある場合を除いて、司法書士からご依頼前に連絡を差し上げることもありません。安心してお気軽にご相談ください。

  • ご依頼を頂いた業務スタート

    お手続きの進捗状況を逐一ご報告させて頂きます。何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

  • 原則業務作業完了後に費用のお支払

    原則として業務作業完了後にお支払して頂いております。ただし、裁判事案や業務の性質上事前に支払って頂く費用もございます。このような点についても、ご相談時にしっかりとお話しして報酬規定表をもとにお見積りいたしております。

このページの先頭へ