Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

公正証書遺言!板橋区の公証役場に親族大集結!司法書士が解説!

板橋区の公正証書遺言!親族大集結!

先日、公正証書遺言作成に公証役場にいってきたのですが、受付が終わるまでご依頼者と椅子に座って待っていると、となりに専門家および10名規模の親族が大集結していました。

 

真ん中には車椅子に座ったお爺様がいて、その親族とスーツを着た専門家がいました。

 

多分公正証書遺言の作成でしょうが、こんなに親族はいらないでしょ!っとつっこみたくなりましたが、推定相続人である親族たちが集まって病院へお見舞いをした後、公証役場にいらしたのでしょうか。

 

親族がぞろぞろと、みなの意見が反映されるように唱え?となりで待っていました。

 

その圧迫感は半端ではなく、ご依頼者ともども居づらかったです、、

 

公正証書遺言とは?

事前に提出した遺言書の案(その他添付書類)をもとに証人二人の立会いの下、公証役場で作成する遺言書の事。自筆証書遺言のデメリットである遺言書検認申立(遺言の存在を確認する裁判所の手続き。有効になる訳ではない点に注意。戸籍謄本を死亡から出生時まで遡って取らないといけないことや裁判所に申立・期日等時間がかかる)が不要。ちなみに証人は推定相続人はなれませんので親族皆さんが来る必要はないのです。

公正証書遺言の実務上感じること

私の経験上、公正証書遺言を書く場合、法律上は単独行為ですが、実務ではもはや子供や親族と親の契約といった方が正しいかもしれません。遺言者も子供とお話しして決めたいと思うからです。全てがそうでないにしても大多数です。

 

私も公正証書遺言のご依頼を受けてますが、相続人が多くても、できるだけ遺言者の意思が尊重さられるように配慮します。

 

その上で推定相続人の意見、関係性など定性情報をまとめ、財産の数や評価などの定量方法をまとめ、最適な案を作っています。

 

親族10人程が公証役場に一緒についてくる遺言書の内容は、どのようなものなのか、、気になります、、

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

ご相続のお電話でのお問合せ

ご相続のお電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :03-6780-6347

(平日10:00~19:00)

相続相談は、相続専門司法書士行政書士が対応。遺産相続・遺言・事業承継・成年後見・登記・裁判事務(相続人の中に行方不明・認知症の方がいる場合)については、初回無料で承っています。

上記時間外でも、司法書士・行政書士またはスタッフが事務所にいればお電話受付ますのでご遠慮なくお電話ください。また、平日以外については下記メールにて簡単にで構いませんのでお問合せ頂ければ担当者からお電話致します。

ご相続のメールフォームからのお問合せはこちら

お問合せ方法



お問合わせ方法

  • ご相続のお問合せ・ご相談のご予約のお申込み

    お電話・メールフォーム・メールにて当事務所にて初回無料相談のご予約又は埼玉県や23区近隣限定で無料出張相談ご予約のお申し込みをしてください。ご予約については後日のご相談をスムーズに進めるためスタッフからお電話に替わった司法書士・行政書士が直接対応いたします。事前に事案内容把握に必要な書類をご提示します。

  • ご相続に関するご来所による初回無料相談/初回無料出張相続相談

    板橋区東武東上線成増駅から徒歩3分、東京メトロ有楽町線・副都心線地下鉄成増駅から徒歩5分の当事務所(アクセスはこちら)にて、司法書士・行政書士がご相談に対応します。お持ちして頂いた書類をもとに正確な法律相談・お見積りをいたします。難しい法律用語を噛み砕いた言葉で丁寧に説明します。

  • 費用の事前お見積りお見積り書を発行いたします。

    報酬規程表をもとにかかる全体の費用(概算額)を計算いたします。分かりやすくお伝えいたします。

  • 業務依頼のご契約

    算定した費用やご依頼内容解決にご納得頂いた後にご契約して頂きます。また、依頼するかはその場で決めなくても構いませんので、ご自宅に帰ってじっくり考えることもできます。
    当司法書士事務所では、一度ご相談いただいたからといって、ご依頼を急かすようなことは絶対にありません。 また、その後、ご連絡のご希望がある等特別な事情がある場合を除いて、司法書士からご依頼前に連絡を差し上げることもありません。安心してお気軽にご相談ください。

  • ご依頼を頂いた業務スタート

    お手続きの進捗状況を逐一ご報告させて頂きます。何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

  • 原則業務作業完了後に費用のお支払

    原則として業務作業完了後にお支払して頂いております。ただし、裁判事案や業務の性質上事前に支払って頂く費用もございます。このような点についても、ご相談時にしっかりとお話しして報酬規定表をもとにお見積りいたしております。

このページの先頭へ